Rise As God 2

俺の入隊時期で一番問題になっていたのは、日本でのデビュー10周年をどうするかだった。

それについては早い段階から、先に入隊を済ませてしまおうという方向でスケジュールが調整されていた。

TREEのライブも本来は、兵役前の最後のツアーになるはずだった。

と言っても、予定が変わるのもある程度想定されていたし、案の定入隊時期はどんどんずれ込んで行った。


でも結局、もうこれ以上引き伸ばせないところまできたら、兵役前ラストのツアーとしてちゃんと挨拶できることになったし、日本での10周年をお祝いする事も決まった。


「何事もケジメが肝心だ。だからこれでよかったんだよな」


奥歯に物が挟まったようなこの1年を思えば、延び延びにはなったけどちゃんと自分たちで区切りをつけられるのはスッキリする。

だからそう言った俺にニッコリ笑ったチャンミンは、きっと同じ気持ちに違いなかった。





そんなわけで俺は今、コンビニの冷蔵庫の前で愕然としているわけだ。


「…ビールってこんなにあるのか」


コンビニなめてたわ。

適当に見繕って買えばいいとか思ってたけど、まさかこんなに種類があるとは思わなかった。



兵役前最後のツアーの中、今日はチャンミンの誕生日だ。

お互いの誕生日が近いせいで、プレゼントのやり取りはしないことになってたけど。

でもなんだか今年の誕生日は特別な気がして、何かプレゼントをしたくなった。

そしてコンビニでチャンミンの好きなビールを買うという名案を思いついたまでは良かったんだけど。


「まぁいいや。選ぶのめんどくさいから全部を一本ずつ買おう」


どうだこの決断力。さすが東方神起のリーダーだ。

納得して俺は、チャンミンの喜ぶ顔を想像しながら買い物カゴ一杯にビールを詰め込んだ。





「…なにこれ」


ホテルの部屋に戻って、テーブルの上にビールを並べ続ける俺を見ながらチャンミンが言った。


「これ?誕生日プレゼントっ」


どうだ、驚いただろ?チャンミンがビール好きなのは知ってるんだぞお兄ちゃんは。

満足気にチャンミンを振り返ったら、


「選ぶのめんどくさいから全種類買った?」


図星を指されて、俺は思わず慌てた。


「て、適当じゃないぞっ。チャンミンがどれ好きかわかんなかったからっ。いろんな味が楽しめていいかなってっ」

「はいはい冗談ですよ。ありがとうございます」


軽くあしらうみたいな言葉のわりに、チャンミンの笑顔は優しかった。





「ねぇ、なにこれ」

「なにが!」

「今年は僕の年?」

「…もうっ!恥ずかしいから聞くなよ!」


テーブルにビールを並べ終わったあと、俺はチャンミンにメッセージカードを渡すことにした。

でも、いざ渡す段階で死ぬほど恥ずかしくなったから、結局カードを押し付けて逃げるようにベッドに潜り込んだんだ。


今年はおまえの年だ!


我ながら凄いセンスだと思う…。


「恥ずかしいなら渡さなきゃいいでしょ」


チャンミンの呆れたような声が、すぐそばで聞こえる。


もうっ!あっち行けよっ!


そう思う反面、黙ってチャンミンがそこに立ってたから。



すぐそばに、チャンミンがいるのに。

確かに気配を感じるのに。



真っ暗なせいか、何を話しても布団の中からなら、恥ずかしくないような気がした。


「チャンミン、あのさ…」


だからそう切り出した時から、俺は普段言えないことを口にするつもりだったのかもしれない。


「俺さ、ずっとチャンミン見てきたんだよ」


泣いてる時も。

喜んでる時も。

笑ってる時も、そして怒ってる時も。

どんな時もずっと一緒にいて、一番そばで見てきた。


「ずっと見てきてさ、俺がいない間も今のチャンミンなら、東方神起を守ってくれると思えたんだ」


俺の背中に隠れてた弟は、いつの間にか俺と並んで東方神起を背負って立ってたから。


「だから頑張れ」


俺がいなくても。


「僕、成長した?」

「したよ。もう何も心配してない。1年間、普段やれないようなことたくさんやってみろよ。ずっと東方神起だったし、これからももちろん東方神起なんだし。特別な1年間だと思ってさ」


ベッドが軋んで、チャンミンが俺のそばに腰を下ろしたのを感じる。


「いちごかぶったり?」

「あれはどうにかしろ。もっと可愛くできないのか」

「いやいや、あれはかっこいいいちごなんだって」

「いちごはかっこよくなくていい。ってゆーかかっこよくないだろあれ」

「文句言うな。それより、ビール飲みたいんだけど」

「飲めばいいだろ。たくさんあるんだし」

「は?まさか可愛い弟に一人でビール飲めと?誕生日に?」


あーうるさい。

今更布団から出られるわけないだろ。

どんだけ恥ずかしいこと言ったと思ってるんだ。


「ユノは冷たい。こんな日に一人でビールなんてありえない。僕だったらユノにそんな思いは絶対させない。あー寂しいなぁ。誕生日に一人でビールかー」

「わーかったわ!飲めばいいんだろっ!飲めばっ!」


大声でわめきながら勢いよく布団をめくり上げたら


「一緒にビール飲も?」


そう言って優しく笑うチャンミンの顔が、すぐ近くにあった。





つづく
関連記事
本家「東方神起~Red Ocean of eternity~
Next |  Back

Yun

時間があの時に逆行しています。
ちょっと切ない………。
お話の更新ありがとうございます♪
続きが楽しみです!

2015/08/22(土) 21:54:53 |URL | [ 編集]

お姐

「一緒にビール飲も?」
って、くー、たまらんです。
小悪魔チャンミン発動。

コンビニなめてたユノ(笑)。
何年ぶりかの日本のコンビニのレジで、ユノが「年齢認証」とか求められたり、「え、なにそれ?」といろいろ慌てたんじゃないかと想像してます♪

りこねぇさんの小説、ゆっくりペースでいいんで、2年間連載してください!!

2015/08/23(日) 01:24:42 |URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
 | ホーム |  page top