Rise As God 3

ステージに立てない2年が怖かった。

どうやって東方神起を守る?
今俺に、何ができる?


どれだけ努力しても安心できなかった。

どれだけ結果を残しても、これで大丈夫なんて思えやしなかった。



焦って、思い悩んで。



そんな俺の横でチャンミンは、どんなだったかな。

思い出せないのは、俺がチャンミンを見ていなかったからだ。



リーダーだから。

兄貴だから。



だから俺が東方神起を、チャンミンを守らなきゃって。


でもある日、肩に置かれたチャンミンの、手のひらの温もりで気がついた。

いつの間にかチャンミンは、隣に並んで俺の肩を抱き寄せてるようになってたんだ。

写真に写ったのは、上も下もない東方神起としての俺たち。



いつの間におまえはそんなふうに、大人びた顔をして笑うようになったのかな。




僕がいるじゃない。


そう聞こえた気がしたから。


あぁ、そうだな。


心で答えたら、背負ってたものが、少し軽くなったような気がした。








人気のないステージの上。

みんなが揃うまでの間、チャンミンはなぜか腹筋してて、俺はその横でそれを眺めてた。


「チャンミンいい体してるなー。カッコいいなー」


何気なくチャンミンの腹筋をTシャツの上から撫でたら


「触るな触るな」


腹筋しながらチャンミンは、面倒くさそうにそう言った。


日本に来る前から体を絞り始めて、体脂肪率が10%を切ったらしいチャンミン。

俺と違ってつい食べちゃう、なんてことがないから、ストイックすぎてちょっと心配になる。



「なぁチャンミン、なんでそんなに体絞るんだよ。無理したらツアー中に体力落ちるぞ」

「見せ筋知らない?ファンサですよ、ファンサ」

「ファンサもいいけど、ほどほどにしとけよ」

「大丈夫ですよー」



最後の1回を終えて、チャンミンは長い手足を投げ出すように大の字になって床に寝転んだ。



「チャンミン、最近よくステージで寝転んでるよな」


そう言って俺は、チャンミンの横に寝転んで、ドームの天井を仰いだ。


「んー、ユノとおんなじものが見えるかなーと思って」

「え?」

「見えるような気がするだけですけど」


そう言って笑ったのは、照れ隠しか。

俺はチャンミンの言葉を聞いて、正直少し戸惑った。

いつも何気なく見ていたけど、そんな意味があったなんて思いもしなかった。


俺を真似て見上げた天井。


そこにおまえは、何が見える?

俺はいつもこれから立つステージを感じながら、いろんなことを思い出したり考えたりする。

それはどれも、東方神起の歴史と未来。


「チャンミンはずっと、俺とおんなじものを見てるじゃん」

「そう?」


だからおまえは、俺の横にいるんだろ?


「たぶん俺とチャンミンだけが、同じものを見てたんだ。今ならそう思える」


だから今、東方神起は俺とおまえの2人なんだ。


「そっか」

「うん」


俺とおまえ。

きっと同じ未来が見えてる。

だから俺たち2人だけが、今もここにいるんだ。


「でも、もうすぐ会えなくなるな。せいせいするんじゃないのか?」

「そうですねー。10年以上も一緒にいたから、ユノが行ったら1人を満喫します」

「あーそーかよ。せいぜいキュヒョンやミノと仲良くやれよ」

「そうしますー。あー楽しみだなー」

「もっ!おまえ嫌い!」


ほんとこいつ意地悪だ。

ムカついて隣からゲシゲシ蹴ったら


「あーこらこら。蹴るな蹴るな」


チャンミンは容赦なく足で押して俺を遠退けた。

何すんだ。ひでーやつ。


「なぁチャンミン。俺、泣いちゃうかな」


もちろん泣くつもりはない。

笑ってバイバイするつもりなんだけど。


「泣けばいいんじゃない?待っててって言えばいい。たまには甘えた方がいいです」

「カッコ悪いじゃん」

「なんで?甘えられるのも嬉しいモンですよ」

「そうかな」

「そうです」


最近俺はよくチャンミンに甘えるけど、もしかしておまえも嬉しかったりするのかな。

そう考えたら、ちょっと胸の奥がくすぐったかった。






毎回毎回ステージは、今まで以上に楽しかった。

いいものを作ることに必死だったこれまでと、やれるだけの事はやり尽くしたと思える今と。

もう出し切るしかなかったから、余計な事を考えないでいられたのかな。

なんだかとても、自由な気がした。





そしてラス前のステージで、とうとう俺は堪えられなくなって泣いた。

なんだかもう、こんなに幸せでいいのかなって思った。


念願だったドームの、会場いっぱいに広がるレッドオーシャン。

こんなにたくさんの見送ってくれる人がいて。


そして何よりも、今度はちゃんと、帰って来るからと約束できたことが。

それが俺は、一番嬉しいんだ。







また待たせることになるけど。

しばらく会えないけど。



それでも待っててくれるかな。

お帰りって、言ってくれるかな。



ホントは寂しいんだ。

ずっとステージに立ってたいんだ。



何度も待たせてごめんね。

でも絶対帰って来るから。









だからその日まで、ここで待っててくれますか。









拳を握りしめて、やっとの思いで立ってる俺の肩に、優しく触れたチャンミンの手のひらの温もり。

泣いてもいいよって。

おまえが甘やかすから、俺はダメになりそうで顔を上げることもできなかった。



あー、やっぱりおまえがいてよかった。



おまえと東方神起でいられて、本当によかった。












そしてその夜。

打ち上げの真っ最中にチャンミンが、なんでもないことみたいに言った。





「僕、義務警察を受けることにしました」




関連記事
本家「東方神起~Red Ocean of eternity~
Next |  Back

まりユノ

りこねぇしゃん♡

泣いちゃったよ〜
ひとりでガンバってきたユノさんが、チャンミンさんの存在を大きく意識した瞬間。゜(´⊃ω⊂`)゜。
守らなきゃって肩に力入ってたのが、フッて抜けた瞬間(٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)

ついつい感情移入しちゃう…

ああ、ユノさ〜ん!会いたいよ〜。゜(´⊃ω⊂`)゜。

2015/09/29(火) 09:09:17 |URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
 | ホーム |  page top